お尻の吹き出物・ニキビ跡について

繰り返しできる吹き出物やニキビができると、ついつい潰してしまって跡になってしまったりしませんか?
ニキビ跡にも様々なタイプがあります。赤みが残るタイプであったり、色素沈着が残ってしまい黒ずんでしまうタイプ、クレーターのように表面が凸凹になってしまうタイプなど様々ですが、どのタイプも主な原因は「ニキビ・吹き出物の悪化」です。

しかし、お尻ニキビの場合はニキビが出来てしまっても気づきにくい上に、椅子に座ったりと私生活においてニキビへの負担を避けられない箇所でもあります。

気をつけていてもお尻ニキビが出来てしまい、もし潰れてしまったら…。
または、既に潰れてしまって跡になり悩んでいるという方は是非、以下の記事を参考にしてみて下さいね。

お尻ニキビに跡やシミ残る原因

お尻に限らず、ニキビ跡が残る原因は肌組織の奥に傷が残っている可能性が高いです。
通常ニキビが出来た場合、治療薬などで殺菌を行いキレイにします。
しかし、治療が遅れてしまい、化膿の進行が進んでしまうと、
皮膚の最下層である「真皮」に傷が残ってしまいます。

すると、身体が肌を守り、傷を覆い隠そうと保護成分である「メラニン色素」を
その箇所にだけ多く分泌されるのです。

メラニンは皆さんご存知の通り、日焼けの原因にもなる成分です。

これがお尻ににきび跡が残る原因です。
この進行が進むほど色素沈着をおこし、どんどん黒ずんでしまいます。
色素が沈着してしまうと治療はなかなか難しく長期戦となります。

吹き出物跡の改善方法

いつも肌着をみにつけているお尻は非常に蒸れやすいです。
デザインを優先してポリエステルの下着を身に着けていると蒸れやすいのでニキビなども出来やすい状況になってしまいます。
下着は綿(コットン)素材で風通しが良い下着を身につけるといいです。

また、お尻や背中のニキビができる主な原因に、
シャンプーやリンスの洗い残しがあります。

お風呂ではシャンプーや石鹸の洗い残しがないようにしましょう。

またお尻に刺激をあたえてしまうとニキビが悪化してしまいますので
長時間座る場合は座布団を用意することをオススメします。

また、乾燥も肌に良くないため、顔と同様で化粧水や保湿クリームを塗ることもオススメします。

このように様々な対策を心がけてもニキビ跡が改善しない場合は、
皮膚科に行くのが一番安心で安全です。

但し、場所は場所なだけに病院に行くことが恥ずかしい人もいるでしょう。
どうしても恥ずかしいという人は市販のニキビケア用品を試すのもいいでしょう。

最近では「お尻ニキビ専用」のニキビケア用品もあります。
ニキビ跡や黒ずみに有効なケア用品として有名なものに「Peach Rose(ピーチローズ)
などがあげられます。

評価サイトなどを見ても、なかなか良いクチコミが多いので
是非試してみることをオススメします。