吹き出物が痛くなる原因

お尻の吹き出物が出来て座ると痛い、ズボンや下着が擦れると痛い。 このような場合は、お尻の吹き出物の種類が炎症を起こしているもしくは、可能している赤、黄色吹き出物になっている可能性が高いです。

吹き出物の痛みを取るのにすべき3つの方法

  • 自分で潰さない
  • 病院(皮膚科や美容皮膚科に行く)
  • 氷などで冷やす

化膿や炎症を起こしている状態の吹き出物を自分で潰す事は、NGです。
余計に傷つけてしまったり、更なる炎症を引き起こしたり跡が残ったりと良いことはありません。

この段階になると、病院に行き診察を受ける事が良いと考えられます。
病院は、治したいだけなら皮膚科(貴方の症状に合わせた薬を処方してくれます)、綺麗に治したい場合は、美容皮膚科になります。 私は皮膚科にしか掛かったことが無いため、皮膚科の方をオススメします。

その後、処方された薬で自宅治療をしましょう。

氷などで冷やすは、応急処置になります。
本当に痛くてしょうがない時には、患部を冷やすことで、痛みが一時的に和らぎます。

痛くなる前のお尻の吹き出物予防が大事

痛くなった時にケアを始めるのでは、遅いです。

赤、黄色の吹き出物は、跡やシミ、クレーターが残る可能性が高くなってしまっていますので、その前の白、黒吹き出物で治すこと。
もっと言うと吹き出物をお尻に作らないことが大事です。

お尻の吹き出物のケアにはピーチローズがオススメ