おしりに吹き出物が出来る原因から予防対策を立てる

お尻の吹き出物の原因を理解すると、その原因を避けようと努力しますから、吹き出物ができにくくなります。なので、原因を知ることは予防をする上でとっても大事なんですよ!

原因としてあげられるのは、

  • 刺激
  • 乾燥
  • 不衛生

が一番おしりに吹き出物ができる可能性があります。

刺激と乾燥は、皮脂の分泌量を増加させます。皮脂が詰まって吹き出物はできるので、この2つを排除することで、吹き出物の発生が減少します。 特に冬場は乾燥が酷く、お尻の保湿ケアが重要になります。保湿ジェルやおしり専用の美容成分配合のピーチローズなどを使用するとおしりが刺激、乾燥から守られ、できにくくなるので、オススメの方法です。

不衛生であると、菌の繁殖を補助してしまいますので、お尻拭きなどで清潔に保ったほうが良いです。毛穴に入り菌が炎症を起こし、赤吹き出物になってしまいます。こうなると、次の黄色吹き出物も時間の問題になってしまいます。吹き出物の跡の治療は根気がいりますので、その状態になる前にケアすることが重要になります。

>>お尻の吹き出物をなるべく早く治すケア用品